アパレル業界では欠かすことのできないOPP袋

      このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の感性から広がるOPP袋の利用用途

大切なものを包むというのは、日本人の持つ感覚の一つです。

大事に大切な人にお届けするときには、風呂敷を使い、大切に送ったものです。

その包み方もきれいに工夫し、中身がわからないけれど形で少し想像がつくようにするという感覚は、ほかの国にはないでしょう。

きれいに包むことで、相手の喜ぶ姿も想像できるというのもあったはずです。


包むということには、汚さないという意味もありました。

中見のものを大切にするために、形や状態を変わらないようにするために、紙袋を使ったものなのです。

あらたまった贈り物の場合には、結び目を作らないというのも、一つの作法でしょう。

そのために紙袋などをうまく使ってきたのが日本人なのです。


OPP袋で真心を込める

 

時代は変わってきましたが、日本人のこうした真心を込めた感覚は、代わるものではありません。

それをうまく活用するために、OPP袋を使う方法も増えてきています。

風呂敷や紙袋のように、中身を見せないのではなく、中身を見せながらも大切に包むということがOPP袋なら可能です。

汚さないようにしながらも、大切に包んでおくことによって、売る側から買っていただく側に真心を込めることができます。

中身はわかるものの、他の人の手に触れさせないようにすることは、日本人が持って生まれた感性の一つであるといってもいいでしょう。

小さな気遣いではありますが、OPP袋一つ使うだけでも、こうした気持ちを込めることができるのです。


印刷や着色で広がる用途

 

OPP袋は、紙とは違い、水にぬれても平気ですし、湿度にも強く中の品物を守ることができます。

汚さないだけではなく、品質を変化させにくくすることができるのは、OPP袋の持つ特性の一つであるといえるでしょう。

包むということを考えた場合、紙よりもさらに一歩先を行く特性になっているのです。


透明ではありますが、着色もすることができますし、印刷も可能です。

使い方を考えれば、大事な部分は見せるものの、必要以外は見えないようにすることさえできます。

DMなどで使われている手法ですが、興味を惹くということにも使うことができるのですから、利用用途の広さは驚くほどあるといえるでしょう。


【あわせて読みたい関連記事】A4・OPP袋/OPP封筒の激安販売

Pick-Up Topics

中の商品を守ることができるOPP袋の活用

 

大切なものを包むというのは、日本人の持つ感覚の一つです。

大事に大切な人にお届けするときには、風呂敷を使い、大切に送ったものです。

その包み方もきれいに工夫し、中身がわからないけれど形で少し想像がつくようにするという感覚は、ほかの国にはないでしょう。

きれいに包むことで、相手の喜ぶ姿も想像できるというのもあったはずです。

「中の商品を守ることができるOPP袋の活用」の続きはこちら

大事な商品を守るために使われるアパレルでのOPP袋

 

袋に入れるということは、それだけ大事にするということにつながります。

買い物をして、商品を持って帰るためには、傷つけたりしないように袋に入れるでしょう。

大事なものを守るということは、何も買って帰る時だけではありません。

売り物をしっかりと守ることも袋の大事な役割になります。

「大事な商品を守るために使われるアパレルでのOPP袋」の続きはこちら

少ないスペースもOPP袋で効率化

 

OPP袋というと、アパレルに使われたりすることが多いでしょう。

他にもCDのカバーにも使われるのを見かけるはずです。

商品を包むことで、外側からかかる要因から守ることができるため、保護材としての使い方といえます。

ですが、これだけが利用方法ではありません。

小さなものを入れることで、効率よく展示したりすることができるのです。

うまく使うと、少ないスペースも効率よく使えるようになりますし、万引きなどの被害を防止することもできます。

組み合わせて販売することで、利益率の向上も狙うことができるのです。

「少ないスペースもOPP袋で効率化」の続きはこちら

包むだけではなくリスクを低減させるためにも使えるOPP袋

 

OPP袋というと、やはり注目されるのは、包装としての機能です。

袋という名前がついているのですから当然のことでしょう。

ですが、OPP袋の持つ機能は、これだけに限りません。

もっと多くのビジネスシーンに役立たせることができるのが、OPP袋なのです。

「包むだけではなくリスクを低減させるためにも使えるOPP袋」の続きはこちら

湿気にも耐えることができる汎用的なOPP袋

 

OPP袋とは何かといえば、透明のフィルムを袋に加工したものといえばいいでしょう。

いろいろな素材がありますが、その中でもポリプロピレンと呼ばれる素材を加工して作っています。

特徴としては、透明感の強さがあります。

中の商品を輝かしく見せることができるのも、OPP袋の特徴なのです。

そのうえ、しっかりとパリッとした感じになっており、手に持ったときにも、すぐにその感覚を覚えます。

コスト的にも抑えることができるため、かなり多くのところで使われているのです。

おそらく、名前ははっきりわからなくても、見たことも触ったこともないという人はほとんどいないでしょう。

「湿気にも耐えることができる汎用的なOPP袋」の続きはこちら

OPP袋を含めた包装材と環境に対する廃棄物問題

 

社会的な発展を考えた場合、環境問題ということを切り離して考えることはできません。

国境という線引きはあっても、地球にはそういった線があるわけではなく、グローバルな視点で考えていかなければいけないのです。

廃棄物一つをとっても、国内問題として考えるだけではなく、グローバルな視点で将来のことまで考えていかなければいけません。

持続可能な社会構築という面でも、これから企業を含め考え行っていかなければいけない問題になっているのです。

「OPP袋を含めた包装材と環境に対する廃棄物問題」の続きはこちら